ビジネスマナー

来客応対時のビジネスマナー

名刺交換のマナー

名刺交換はビジネスシーンで最初に行い、頻度も最も高いものと言って良いでしょう。 名刺入れの選び方、名刺の持ち方、名刺交換の仕方を理解しましょう。 特に名刺交換の順番を間違えると大変失礼なことになります。要注意です。

 gf1420320451

席次のマナー

自社の会議室にお客様をご案内する時、会食先で席に付くとき、タクシーに乗る時、エレベーターに乗る時などビジネスシーンで席に付くシーンは多々あります。さて、自分はどの位置に座ったらよいのか?お客様は?上司は?正しい席次のルールを知っておけばもう安心。相手を立てる日本ならではのマナーを心得ておきましょう。

conference-room-170641_640

ご案内のマナー

受付は会社の第一印象です。第一印象は長くイメージとして残るというお話をしましたが、受付のイメージがその会社の企業イメージとして長く残ることを考えると、とても重要な職務であることが分かるでしょう。会社の顔として対応しましょう。

 呈茶のマナー

お客様を応接室にご案内したら、お茶の準備をします。一杯のお茶に、お客様への歓迎の気持ちを込めてお出ししましょう。日本茶の出し方を順を追って説明します。

訪問時のビジネスマナー

受付・応接室のマナー

応接室ではどこに座れば良いのか、迷われる方も多いでしょう。訪問時のマナーとして『上座の下座』はとても大切なポイントです。

手土産のマナー

上司から、手土産を渡すように頼まれたとき、きちんと対応できますか。どこに置いて、どのタイミングで出したらスマートかご紹介します。

 

接客時のビジネスマナー

笑顔のマナー

第一印象はほぼ見た目で判断されていることに気づいていますか。自分は大丈夫と思っている人ほど他人から見ると笑顔が出ていなっかったり、立ち居振舞が残念な印象になってしまっていることがあります。笑顔の作り方と第一印象に大きな影響を与えるあごの角度もご紹介します。

お辞儀のマナー

接客シーンで最もする機会が多いのがお辞儀です。ビジネスマナーでは、「分離礼」を心がけましょう。ぐっと印象度がアップします。

 身だしなみのマナー

自分目線で考えてしまうと、知らぬ間に相手に嫌な印象を与えてしまいます。特にビジネスでは相手目線での身だしなみが必須です。相手が自分をどう思うかを意識することが、身だしなみのマナーのポイントです。

上司に対するビジネスマナー 

言葉遣いのマナー

上司や世代の違う方々とコミュニケーションを取るときに、言葉遣いに悩む人が多いでしょう。言葉遣いが正しいビジネスパーソンは、相手がこの人ならば間違いないと確信してもらえるものです。NGな言葉遣いや敬語についても解説します。

挨拶のマナー

挨拶はコミュニケーションのドアをノックすることです。他人部屋に入る時、「トントン」とドアをノックしてからドアを開けます。ノックもせずにいきなり知らない人が入ってきたら、驚きと共にその人への「警戒警報」が脳の中で発令されるでしょう。

 

 

SNSのマナー

ビジネスメールのマナー

メールのメリットを活かし、基本のマナーの則りながらそこに自分らしさがプラスされるメールを心がけたいものです。

ビジネス文書のマナー

ビジネス文書は、様々な種類があり、大きく社内と社外に対するものでフォーマットが変わってきます。会社ごとのルールもあると思いますが、その場合も基本をしっかりわかった上で応用として対応できるか、それとも指示されるままに分らずに処理するかで、今後ビジネス文書が得意か苦手かに大きく分かれてまいります。